深雪アートフラワー 三代目主宰飯田恵秀(いいだ けいしゅう)

深雪アートフラワー三代目主宰 飯田恵秀

プロフィール

1968年12月20日 愛知県に生まれる。

12歳の頃、雑誌で深雪アートフラワーに出会う。

15歳の10月テレビ「婦人百科」に出演した飯田倫子のダリア、ばらの放送を見、テキストを購入し自分なりに作り始める。
その後、正式に深雪アートフラワーを学び28歳の秋、飯田倫子の勧めで上京、飯田深雪、倫子に直接師事し技術を磨くとともに指導も始める。
独特の感性で、従来の技法にとらわれず、作品を制作している。

現在は、全国を回り指導をしつつ、迎賓館や庭園美術館などでのアートフラワー装飾をはじめ、映画、ドラマ、CMへの作品提供など、活動の幅を広げている。

飯田恵秀

主な作品

主な活動

2000年6月ドイツデュッセルドルフ市ゲーテ博物館で開催された『アートフラワーアレンジメント展~ばらの季節~』に参加。
2004年NHK出版「おしゃれ工房」9月号テキストで紹介される。
2005年NHK「おしゃれ工房」手芸フェスティバル札幌展(10月)、大阪展(2006年1月)に参加。その後、毎年「おしゃれ工房」展に出品。
2009年「飯田深雪アートフラワー展」ではメイン作品制作および会場展示作品全体の監修をおこない、日本橋髙島屋、心斎橋大丸、福岡天神大丸での巡回展において計約4万人の動員を果たす。
2012年11月深雪アートフラワー三代目主宰 飯田恵秀を襲名。
2013年7月名古屋・ヤマザキマザック美術館で開催の「夏の思い出 森の夢展」に現代作家の一人として参加。
2013年8月日本橋三越本店にて襲名披露作品展を開催、会場演出を手がける。
2015年7月NHK出版「すてきにハンドメイド」8月号にて巻頭ページ作品制作を担当。
2016年8月日本橋三越本店にて深雪アートフラワー70周年記念展を開催、会場演出を手がける。

担当講座